読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デシズム!

とある職人の弟子がぼやいてます

弟子はAIに仕事を奪われるのだろうか考察

最近、AIが人間の仕事奪う日が来る、やばい、みたいな話をよく見かける。

 

仕事にカテゴライズされるのか疑問だが「弟子」はどうなのだろうか。AIに奪われるのだろうか。今日はそこんとこを考えてみたい。

 

まず、弟子とは何か。正確にいうと仕事ではない。人間関係の名称だ。師匠がいるから弟子がいる。師匠にも師匠がいる。となると、弟子にも弟子がいることがあるかもしれない。

 

師匠から弟子へと技や伝統が受け継がれる。その受け継ぎの連鎖があるからこそ、弟子はいつか師匠となり、その師匠に憧れて新たな弟子が生まれる。

 

その連鎖のあるときに弟子が人間ではなくAIになり得るのか。

 

ほとんどの場合、弟子は自発的に弟子になる。AIは自発的に弟子になるだろうか。僕にはイメージがわかない。工房で仕事をしていたらAIが突然やってきて(ロボットかもしれないし、ただのメールかもしれない)、「弟子にしてくだい!」と頼まれた。そんなことが未来では起こるのだろうか。

 

師匠がスカウトする形で弟子になる場合はどうだろう。こっちはいささか現実的だ。

 

師匠目線で見たとき、弟子は雑用要員である。その後グレードアップすることはあるが、スタートは基本的に雑用をこなすためにいる。掃除や荷物運びなどなど。

 

そんな雑用でも人間がすることなのでミスは起きる。それで「そんなこともできねぇのか」と怒鳴られる。呆れられる。未来では、そんなことならお前よりAIを使った方がましだよ、となるに違いない。掃除はルンバみたいなのがいるし、荷物運びも自動でしてくれる何かが誕生するだろう。車の運転は自動化され、事務作業はそれこそAIの本領発揮かもしれない。学習スピードは人間の比ではないから、あっという間にノーミスで全ての雑用が処理されることになる。

 

弟子の出番、なくなるな。

 

師匠サイドの損益を考えると、弟子じゃなくてAIを使った方が何倍もいい。

 

頼みの綱の「技と伝統の継承うんぬん」も時間の問題だと個人的には思っている。

 

師匠が作業しているところを3Dカメラを積んだドローンが撮影しつつ分析し、細部までデータ化。「じゃあこれ100個作っといて」と頼めば、3DプリンタやたCNCルータが動き始めて、明日の朝には出来上がっている。

 

師匠がAとBのパーツを接着する様子や接着したものをカメラで撮影。あとは、ロボットアームが完全に同じように接着作業を繰り返ししてくれる。

 

気温や湿度の変化と師匠の動きの変化の相関関係を割り出すこともAIなら簡単にできるだろう。

 

伝統に関しては、AIが仕事をし始めたところで、今と状況は変わらない。「昔ながらの〜」っていう人たちは、今の機械工作に対してもAIに対しても同じようなことを言っているだろうし、「時代の空気に合わせて〜」って人たちは微塵の抵抗もなくAIを使うだろう。

 

なんだか話はまとまらないが、言えることは、弟子はAIに仕事奪われますということ。しかし、師匠もAIに仕事奪われる可能性が非常に高いのも事実だよなぁ。